iPhone 2019年モデルの金型が流出、トリプルカメラ×2、デュアルカメラ×1

2019年がAppleが新しいiPhoneデザインを発表する年になることを願っているなら、あなたはがっかりするかもしれません。Mark GurmanによってTwitterで共有された画像を見ると、それが2019年のiPhoneに使用されるであろう金型であることがわかります。これにはiPhone 11とiPhone XR 2(仮称)です。

デバイスの名前はまだ確認されておらず、仮のものです。これらの金型は私たちがこれまでに見てきたものと非常によく似ています。ほぼ、2019年のiPhoneはその前のモデルと同様のデザインに見えます。主な違いは背面のカメラです。

iPhone 11はトリプルカメラの設定を採用していると噂されていますが、iPhone XR 2 はデュアルカメラの設計を採用している可能性があります。カメラ部分の隆起は減ると言われていますが、カメラとレンズをまとめるために四角い箱に変更しています。このデザインにどのようなポイントがあるかどうかはわかりませんが、デザイン的に「感動しすぎる」とは言えません。

Gurman氏はAppleの噂と今後の製品発表についてはかなり良い実績があるので、このリークはある程度確信を持っているものと思われます。もちろん、正しい答えがわかるのは9月なんでしょうが。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら