これがApple Cardの実物だ Apple従業員が公開

Appleが3月に発表したApple Card。これはApple初のクレジットカードで、物理カードがチタニウム製であることが話題になりました。金属製のクレジットカードは通常高いステータスの人向けに限られており、Appleはそんなプレミアムさを大衆にもたらしたといえます。

そんなApple Cardですが、同社内部ではすでに一部の従業員に配布が始まっているようです。Ben Geskin氏が、実際に手にしたApple CardをTwitterで公開しています。Appleの所属など詳細部分は隠しているようですが、実際の見た目はこの写真から分かります。

一見するとチタニウム製であることは分かりにくいですが、Appleの期待通り、カードのデザインはとてもクリーンでミニマリストな感じ。パッケージがAirPodsみたいなことも面白いですね。「iPhoneを起動してここを持ってください」とパッケージに書いてあります。

現在のところApple Cardはアメリカのみでの取扱いですが、カードの協力会社であるゴールドマン・サックスは将来的によりマーケットを広げていきたいとしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら