「PlayStation 5」が2020年11月に499ドルで登場するとの予測

ソニーは、すでにPlayStationの次期モデルに関して開発を進めていることを認めています。同社は、次期モデルが来年登場することはないと指摘していますが、最新のリポートによると「PlayStation 5」が2020年11月に499ドルで登場するとしています。

エース証券でソニーに関するアナリストを務める安田秀樹氏による予測では、次世代のゲームコンソールを2020年11月にリリースするとしています。また、同氏はエース経済研究所が公開した四半期の最新リポートにおいて、499ドルで発売するとしています。

ストロングスタートになると予想されるPlayStationですが、ソニーはPS5の発売初年で600万台、次年に1500万台の販売を見込んでいます。

ソニーは、PlayStation 4で圧倒的な成功を果たしており、後継機が発売されれば性能向上すると予想されます。これまでに判明している情報は、CPUにAMDの新しい7nm Zen2マイクロアーキテクチャーをベースにした8コアのAMD Ryzenを採用し、GPUにレイトレーシング、SSDストレージ、カスタム3Dオーディオを実現する新型Radeonを搭載するとしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら