新設計の「AirPods 3」が今年中に登場する?

今年アップルは「AirPod 2」をローンチしましたが、正直なところ、特に印象的なものではありませんでした。なぜなら、AirPods 2はバッテリー寿命が改善され、ワイヤレス充電もサポートされていることを除けば、ほぼ初代AirPodsと同じです。しかし、今年中にはデザインを一新したAirPodsが発売される可能性があるようです。

DigiTimesの記事によると、AirPod 3は2019年内に発売される予定としています。また、情報筋によると、内部設計を変更し、リジッドフレックス基板ではなくシステムインパッケージ技術を採用するようです。こうした変更がAirPodsにとって何を意味するのかは不明ですが、ヘッドフォンの軽量化やバッテリーの大型化が考えられるでしょう。

アップルは、AirPodsにノイズキャンセリング技術を導入するという噂が出たことがあります。この機能は、AirPods 2には搭載されておらず、AirPods 3など次期バージョンに搭載されると考えても不思議ではありません。今のところ、DigiTimesにおけるApple関連の噂の実績を考えると、もう少し様子を見たほうが良いでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら