Apple Watch、新OSでiPhoneに依存せず使えるかも

Apple Watchの問題の一つは、iPhoneにかなり依存しているということです。たとえば、LTE版のApple Watchが発売されるまで、電話を受けたりインターネットにアクセスしたりするためには、ユーザーは自分の時計をiPhoneとペアにしておく必要がありました。実はLTE版であっても、Apple WatchはまだiPhoneにかなり依存しています。

例えばアプリ。AppleWatchアプリをダウンロードしたい場合は、iPhoneからアプリをダウンロードする必要があります。しかし、それはすぐに変わる可能性があります。ブルームバーグからの報告によると、watchOSへの次のメジャーアップデートで、AppleはApple WatchにiPhoneからのより大きな独立性を与えるかもしれないことが明らかになりました。

これはApple Watchに独自のApp Storeを与えることによって行われます。このApp Storeはwatch自体を通してアクセスできます。これは、あなたがwatchOSアプリをダウンロードする必要がある場合には、あなたがあなたの電話から離れているときでさえ、あなたは腕時計自体から直接そうすることができることを意味します。しかし、LTE版のwatchを所有していない人にとっては、通知を受け取るために時計とiPhoneを近づけておく必要があります。

もし、あなたがApple WatchのLTE版を所有しているのであれば、今後のwatchOSアップデートは注目に値するかもしれません。Appleは来月開催される開発者会議「WWDC 2019」でアップデートを発表する予定だ。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら