バク転できるロボットをMITが開発

MITのチーターチームは、ロボットの製作が順調のようです。彼らの最新作は、最も印象的なロボットになるかもしれません。彼らが以前作ったロボットの中には、障害物を飛び越えてやみくもに通り抜けることが可能でした。今回の新型ロボットはバク転をすることができます。

新しいミニチーターロボットはわずか20ポンドの重さで、複数のアクションを実行できます。チームはそれを「事実上不滅」と呼んでおり、そのメッセージをチームが公開したビデオから読み取ることができます。

このロボットは時速5マイルまでの速度で走行することができ、また立った位置から360度のバク転が可能です。もし、着地に失敗したとしてもすぐに姿勢を正すことができます。

4本の脚のそれぞれに3つの安価なモーターが使用されており、ロボットが損傷を受けた場合の修理も容易になります。そのため、もし失敗した場合でも、新しいパーツと交換だけでいいのです。主任開発者のBenjamin Katz氏は、「ロボットは非常に堅牢で壊れにくく、壊れても修理は簡単のため費用はかかりません」と述べています。

MITは、「ミニチーターのエンジニアコンソーシアムを形成するために、新しいアイデアを発明し、交換し、そして競争できるよう」こうしたロボットを10台以上作成しているとのことです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら