MacBook Proに16インチモデルの噂 デザイン刷新で2019年中に登場か

アップルのMacBook Proは、もともと15インチと17インチの2モデルをラインナップし、その後13インチモデルを登場させ、17インチモデルをクローズしました。しかし、もっと大きな17インチモデルを欲しているユーザーは一定数おり、アップルはそのユーザーを長年取りこぼしている可能性があります。

著名なアップルのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、彼はAppleがより大きなMacBook Proを2019年に導入する可能性があるとしています。噂のMacは16インチディスプレイを搭載し、真新しいデザインを採用している可能性があるようです。Appleは数年にわたって同じデザインを維持しているため、デザインの更新は想定内です。

ほとんどの場合、11、13、15、17インチが提供される傾向にあり、16インチの投入は少し奇妙に思えます。Kuo氏はまた、新しい「MacBook Pro 13」は最大32GBのRAMをサポートできると主張しています。なお、現在のMacBook Proでも15インチモデルは32GBのRAMをサポートしています。

Kuoは通常、レポートはかなり正確であり、彼の主張が正しいと感じるケースもあるかと思います。しかし、アップルが何かを公式に発表するまで、とりあえずは話半分で見ておくのが良いでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら