アップルのAirPowerはまだ生きている? 求人情報で判明

アップルのワイヤレス充電パッド「AirPower」は2017年に発表され、2018年には発売される予定でしたが、結果的にそれは叶いませんでした。AirPowerプロジェクトは「不運」だったとのレポートもいくつかありましたが、MacRumorsによると求人情報でAirPowerに関する項目があり、このプロジェクトは依然として非常に活発な状態だと指摘しています。

リストの1つには、「ワイヤレスパワーテクノロジーチームの使命 – 最先端技術を発明して、世界最高のワイヤレス充電のユーザー体験を構築することです。ワイヤレスパワーテクノロジーのチームは、iPhone、Apple Watch、AirPods、AirPowerなどのApple製品の中心となる最先端のワイヤレス充電設計を開発します」と記されています。

残念ながら、アップルがアクセサリーを発売する予定があるのかは今のところ不明です。このレポートによると、Appleが直面している問題の1つが排熱です。充電器が熱を制御できない問題を抱えているようですが、最終的には熱問題を解決した商品をアップルが提供してくれると確信しています。

Appleは過去数回AirPowerについて言及していましたが、いつ発売するかは不透明のままでした。もしかすると、2019年にはお目見えするかもしれません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら