サムスンが「穴あき」ベゼルレス液晶を採用した「Galaxy A8s」を発表

噂や報道をもとに判断すると、サムスンはノッチデザインのファンではないようで、ベゼルレスディスプレイを実現するための方法をずっと模索していました。レポートの1つによると、サムスンがカメラ用の切り抜きをディスプレイに施したスマートフォンを発表する可能性があると指摘していました。

この情報が正しいのか気になるところですが、実際に存在することが判明しました。サムスンが中国でGalaxy A8sを正式に発表したのです。Infinity-Oディスプレイと呼ばれるものが搭載され、インカメラやセンサー類が埋め込まれているノッチがなくなりました。円形に切り抜かれたカメラを除き、ディスプレイを端から端まで伸ばせるようになったのです。

ディスプレイの穴が良いアイデアかどうかはわかりませんが、サムスンは「より良い」ものと考えています。スペックに関しては、6.4インチ1080×2340ピクセルの液晶ディスプレイを備え、QualcommのSnapdragon 710チップセット、6GBまたは8GBのRAM、128GBのストレージ、MicroSDスロット、3つのメインカメラ、背面の指紋センサー、500万画素のフロントカメラ、3400mAhバッテリーを搭載しています。

残念ながら、今のところA8sを発表した中国のみでの展開になりそうです。しかし、米国を含めた他国でも発表するか注意深く見張る必要がありそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら