Amazonのキャッシュレスコンビニ、大型店舗もテスト中

Amazonが現金を必要としない、商品を手にとって持ち帰るだけのコンビニをテストしていることはよく知られていますが、アメリカのいくつかの都市でテストされているこの店舗では、食料品を買い込むには向いていません。

もちろん、実験店舗の目的はキャッシュレスコンビニの社会実験ですから、簡易的なコンビニ形態で提供されていることは理解できます。そしてAmazonは次のステップ、大型店舗への拡大を目指していると、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じました

この記事によれば、シアトル(Amazon本社の地)で大型店舗のフォーマットをテストしているそうです。しかしながら、大型店舗ではコンビニでテストしてきた仕組みを使うと、天井高が大きく異なるため(より高い)、いくつかの問題が生じている模様。恐らくセンシングのためのカメラなどがうまく作動しないんでしょうね。

つまり、Amazonがコンビニ形態でキャッシュレスコンビニを始めたのは理に適うことであり、大型店舗のフォーマットを進めるにはまだ時間がかかるようです。もちろん、この仕組をテストしているのは、大規模買収で驚かせた傘下のWhole Foods Marketにこのテクノロジーを応用させるためでしょう。

もう一つ付け加えるとすればAmazonは、Whole Foods Marketに最新技術を適用させるだけでなく、この食料品物流チェーンも最大限に活かそうとしていることも、忘れてはなりません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら