来年のPhotokina 2019でEOS Rの高解像度モデルが登場する?

数ヶ月前、Canonはミラーレスカメラの新しいラインナップ「EOS R」を発表しました。これまでの同社のミラーレスカメラは、思ったよりも好意的なレビューが多くなかったため、同社は相当の“真剣な”努力をしたようです。もし、より多くの派生モデルがお望みであれば、Photokina 2019はチェックすべきイベントかもしれません。

CanonWatchのレポート(Mirrorless Rumors経由)によると、Canonは、2019年5月に予定されているPhotokina 2019で、EOS Rの高解像度バージョンを発表する可能性があるようです。噂の詳細とカメラの仕様について現時点では薄く、Canonが何を発表するかは予測できないとしています。

この噂に特段驚きはありません。先月には、Canonが2019年に2つのEOS Rモデルを発表する可能性があるとの噂があり、Photokina 2019で発表されるというのは無理なこじつけではなさそうです。キヤノンのアプローチは、Nikonなどミラーレスにより「真剣に」取り組んでいる企業とは少し異なるようです。

1モデルを発表すると決めたキヤノンとは異なり、ニコンはZ 6とZ 7の2モデルを発表しました。いずれにせよ、噂であるため話半分で聞いておくのがよいでしょう。しかし、EOS Rにまだ決めてないのであれば、来年まで待ってみるのも悪くない考えでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら