新型MacBook Airはこれまでのモデルより若干修理しやすいかも

ノートPCは、いろんな場所に持ち運び、時には落下や衝撃に遭遇するため、時間とともに耐久性にも影響を与えます。これに加えて、パーツにダメージを与える熱を排除すべく、デスクトップよりも効率の良い冷却システムが必要になります。

もちろん、ノートPCは修理できますが、どれだけ修理が難しいか、どれだけ高価になるかについての疑問も出てきます。ありがたいことに、iFixitが2018年モデルのMacBook Airについて分解し、MacBook Proや12インチのMacBookといった他のMacBookシリーズと比較してどれだけ修理しやすいかを公開しました。

分解によって、iFixitは数多くのパーツがモジュラー化されており、パーツにも到達しやすかったとしています。しかし、外装にはペンタローブネジが採用されているため、もし適切な道具を持っていない場合は、分解は難しいでしょう。また、彼らはバッテリーがネジと接着剤で固定されているため、取り外しが難しいとも指摘していますが、バッテリーはラップトップの筐体上部に接着されていません。これは、バッテリーを交換する際に最上部の筐体を交換する必要がないことを意味し、コストを抑えることができます。

iFixitは、アップグレードできないストレージやRAMについては残念としていますが、Appleにとっては一般的なため特に驚くことではないとしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら