2019年のiPhoneはFace IDが改善されるかも?

アップルのFace IDシステムは本質的に特に問題はありませんが、顔認識の高速化や、暗闇での認証の改善など、まだまだ改善の余地はあると言えます。良いニュースは、2019年にFace IDシステムが改善される可能性があるということです。

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、アップルは、アップグレードされたFace IDシステムを2019年に導入する予定だとしています。期待できそうな変化の中には、より正確で早く認識するのに役立つ「Flood Illuminator」の使用による、見えない環境光の影響を減らすことが含まれています。

新しくアップグレードされたシステムは、2019年にリリースされるすべてのiPhoneで利用可能になるとしています。これがFace IDの唯一のアップグレードなのかは不明ですが、おそらく、Flood Illuminatorの使用は、暗闇の中でユーザーの顔をよりよく検出するなど、上述した問題の一部に対処できるとしています。

Kuo氏はアップルの製品に関して正確な予測をすることで知られていますが、今のところは話半分で聞いておくと良いでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら