Googleアシスタントの「ルーチン」機能、サード製スピーカーで不具合か

Googleが、Googleアシスタントの「ルーチン」機能を発表してからそれほど日は経っていません。ルーチン機能は、いくつかのコマンドをひとまとめにして一度に起動できる機能で、例えばライトを点けて、温度調節をして、コーヒーを入れて、テレビを点けるといった動作を1つのコマンドで実現できます。

しかし不幸なことに、サードパーティ製のGoogleアシスタント搭載スピーカーで、ルーチン機能がうまく動かないという報告がいくつか上がっています。これらはRedditやGoogleのサポートフォーラムに報告されました。これはサードパーティ製スピーカーでのみ起こるようで、Reddit上の投稿によればGoogle Homeでそういった不具合は起きないとのことです。

Googleに伝えようとしたユーザーの一部は、サードパーティ製スピーカーのメーカーに問い合わせるよういわれたといいます。何が原因になっているのかは明らかではありませんが、Googleのサーバーサイドの問題ではないかという指摘もあります。

Google Homeには今のところ大きな影響がないとはいえ、一部のユーザーは以下のようにも指摘しています。この2週間でルーチン機能の問題は散発的に発生しており、Google Homeも特に例外ではないのではないかとしています。

サーバーサイドの修正や、ソフトウェアパッチが提供されるまで、ユーザーは辛抱強く耐えるしかなさそうです。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら