Apple Watch Series 4の「転落検知」はデフォルトでオフの設定に

Appleは、画面の大型化などApple Watch Series 4に多くの改良を加えました。その中には、「転落検知」機能という、装着者が転落したり躓いたりした際に検知しSOSなどへコールする機能があります。

しかしRedditの報告によれば、この転落検知機能はデフォルトではオフになっているといいます。もしこの機能に魅力を感じるのならば、自身で設定をオンにしないといけないということです。Appleのサポートページには、ユーザーが65歳以上でない限り、転落検知はデフォルトでオフになると記載されています。

Appleは、「もしユーザーがApple Watchやヘルスアプリをセットアップ後に65歳に達した場合、自動で機能はオンになります」としています。高齢者向けの機能とはいえ、なぜデフォルトでオフにしているのかはっきりとは分かりませんが、できるだけバッテリーを長持ちさせるための策なのかもしれません。

どのように転落検知機能をオンにしたらいいかわからない場合は、iPhoneでApple Watchアプリを開き、My Watchを選択、エマージェンシーSOSの下に転落検知機能のオンオフ設定があります。今のところ、Apple Watchがユーザーの異常心拍をアラートすることで何度も命が助けられる光景を見てきました。転落検知機能でも、同様の利便性が提供されるのではないでしょうか。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら