Instagram、二段階認証にようやく対応

最近のソーシャルアプリでは、二段階認証をサポートするのが一般的ですが、月間アクティブユーザー数が10億人を超えているにも関わらず、Instagramが2段階認証アプリのサポートを最近やっと追加したことは非常に驚きました。 これは、標準的なセキュリティ機能であり、Facebook所有の写真共有サービスに不合理な時間がかかるのを避けるための機能です。 同社は、InstagramユーザーがInstagramアカウントにログインするために第三者の認証アプリを間もなく使用できるようになることをブログの投稿により正式に発表し、これはInstagramに素早くログインするためにGoogle Authenticatorや1Passwordのようなアプリを使用できるようになることを意味します。 Instagramにログインするのに、このようなアプリを使いたければ、まずそのアプリで自分のプロフィール画面に行き、メニューアイコンをタップして設定メニューにアクセスします。「2段階認証」オプションは「認証アプリ」機能に移行し、この機能によりユーザーは自分が好む2段階認証の形式を選択できます。 認証アプリが既にデバイスにインストールされている場合は、自動的に検出され、ログインコードが送信されます。 その後、アプリでそのコードを取得し、2段階認証を自動的に有効にするためにそのコードをInstagramに入力しなければなりません。 Cellphones, Apps, Instagramを調べる

最近のソーシャルアプリでは、二段階認証をサポートするのが一般的ですが、月間アクティブユーザー数が10億人を超えているにも関わらず、Instagramが2段階認証アプリのサポートを最近やっと追加したことは非常に驚きました。

同社は、InstagramユーザーがInstagramアカウントにログインするために第三者の認証アプリを間もなく使用できるようになることをブログで発表。これは、Instagramに素早くログインするために、Google Authenticatorや1Passwordのようなアプリを使用できるようになることを意味します。

Instagramにログインするのに、このようなアプリを使いたければ、まずそのアプリで自分のプロフィール画面に行き、メニューアイコンをタップして設定メニューにアクセスします。「2段階認証」オプションは「認証アプリ」機能に移行し、この機能によりユーザーは自分が好む2段階認証の形式を選択できます。

認証アプリが既にデバイスにインストールされている場合は、自動的に検出され、ログインコードが送信されます。その後、アプリでそのコードを取得し、2段階認証を自動的に有効にするためにそのコードをInstagramに入力しなければなりません。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら