3モデル体制の2018年iPhone。6.1インチ液晶のiPhoneは廉価版? モック写真が流出

2018年iPhoneの新しいダミーモデル全3種が公開

AppleはiPhoneの誕生からiPhone 5sまで、毎年1つのモデルのみを発表してきました。そしてiPhone 6では2モデルのラインナップ、さらにiPhone 8からは3モデル体制へと変化しました。その3モデル体制は、今年秋の発表でも継続するようです。

これまで、6.1インチ液晶モデルと6.5インチ有機ELモデルのリークは多く登場していましたが、Ben Geskin氏がTwitterに投稿した内容を見れば、5.8インチのiPhone Xを含む2018年の3モデル体制の全貌がわかるでしょう。

もちろん、これらの写真はモックですし、実際のiPhoneではありません。誰がこのモックを制作し、ケースデザインをテストするために……なんて目的で作ったのか真偽は不明ですが、サイズ感だけはよくわかりますよね。

6.1インチのiPhone(中央のモデル)は、ディスプレイを液晶にして製造コストを削減し、3D Touchなどの特定機能も省くようです。ある意味でそれらを裏付ける根拠の一つが、写真でわかるシングルカメラの存在です。その他2製品はデュアルカメラであることからも、6.1モデルが廉価版であることがわかります。

また、AppleがデュアルSIM iPhoneを出すのでは?とも言われていますが、この写真からは読み解くことができません……。いずれにせよ、発表が楽しみですね。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら

画像著作権:Ben Geskin