スター・ウォーズ エピソード9にアイツが帰ってくる!?

オリジナルのLando CalrissianがStar Wars: Episode IXに復帰の兆候

俳優のビリー・ディー・ウィリアムズは、1980年に公開された「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」でランド・カルリジアンを演じました。そして、その彼が、「スター・ウォーズ エピソード9」で帰ってくるかもしれません。ウィリアムズが、ハン・ソロの密輸業者仲間として再演すると伝えられているのです。

The Hollywood Reporterによれば、ウィリアムズはすでに新作のプロジェクトに参加。彼は、カルリジアンとしてスター・ウォーズ ファンの人気を博していたことから、彼が戻ってきたことは、多くのファンにとって非常に幸せなことと言えるのではないでしょうか。

最近公開された映画「ハン・ソロ」でも、青年期のランド・カルリジアンをドナルド・グローバーが演じました。しかし、ハン・ソロはアメリカで期待通りの興行成績を上げられず、評判も散々でほかのスピンオフ映画が取りやめになったとも言われています。

スター・ウォーズ エピソード9の全米公開は2019年12月20日に決定していますが、物語の筋書きは現時点でほとんど表に出てきていません。ただ、恐らくはエピソード7、8から続いてきた物語を終えるものとして、シナリオは必ず終わりを迎えるはずです。エピソード9におけるランド・カルリジアンの役割は、どういったものになるのでしょうか。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら