Appleのスマートスピーカー「HomePod」、初速は60万台

Apple社は報告によると2018年の第1四半期でHomePod60万台を販売

今日のマーケットにおいて、Apple Watchが他社製品より高価なウェアラブル端末であるのと同じように、HomePodも350ドルと、他の高性能スピーカーよりも高価な存在となっています。Apple Watchの好調ぶりは疑う余地のない状況ですが、HomePodは人気がなく、最新の数字によれば、これまでに60万台を販売しているだけです。

Strategy Analyticsの報告では、Appleは高性能スピーカー市場で6%のシェアを獲得していますが、AmazonやGoogleといった会社から「かなりの遅れを許している」と分析しています。もちろん、スピーカーの数として60万台は多い部類にも思えますが、Amazonは同四半期中に推定400万台のEcho端末を出荷しています。

Amazonは同時に、マーケットの43.6%を獲得しており、Google Homeの約240万台、シェア26.5%を大きく超えています。

ただ、Appleも販売不振は予想通り。先月、AppleがHomePod製造台数の注文を半減したという噂も流れており、売上をすぐ伸ばすために低コストモデルの製造を検討している可能性があります。アナリストもHome Podの成功を少々悲観しており、2018年においても、わずか200万台しか販売しないだろうという見方もあります。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら