キヤノン、ついにフィルムカメラの販売を終了

キャノンフィルムカメラの販売がついに終了

よっぽどの写真愛好家でない限り、誰もフィルムカメラは使いません。1万円以下で携帯電話というデジタルカメラを手に入れられるわけですから、必要性がまったくないんです。

キヤノンは10年近く前にフィルムカメラの製作を中止しましたが、倉庫に眠る在庫を引き続き販売していました。実は、フィルムカメラの販売は好調だったようです。一般的なカメラユーザーが、どれほどお金をかけているかわかりませんが、フィルムカメラは写真愛好家に非常に愛されています。

「EOS-1V」はキヤノンが発売した最後のフィルム一眼レフカメラで、同社はそれをずっと販売していました。しかし、SLR EOS-1Vのフィルム販売を終了すると最終的に決めたことから、在庫が尽きたのでしょう。

購入したい人はもはや新品を手に入れることはできません。一方でキヤノンは、2025年までカメラの修理を続ける見込み。このシリーズのファンは、まだまだこのカメラで楽しめる時間が続きそうですね。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら