最新iOS 13.2が不安定、バックグラウンドアプリを落としまくり。修正時期は不明

私たちのスマートフォンは一日中、多くのアプリを頻繁に使用する時代に差し掛かっています。そのためこの機械は、マルチタスクを処理するためによりスマートにならなければなりません。

バックグラウンドでバッテリーを消費しないように、あるいは過度に消費しないようにしつつ、ユーザーが必要なときにすぐにアプリに戻れるように、バックグラウンドアプリをメモリに保持することのバランスを取っています。

しかしAppleが、少なくともiOS 13.2においてその制御に苦慮している様子。複数のユーザーレポートによると、最新のiOSアップデートはバッテリーを節約するためにバックグラウンドアプリを殺すことに関して、少し強引すぎるきらいがあります。ユーザーは、アプリを1分間切り替えてから再び切り替えるたびに、アプリが再起動しなければならなくなっていると主張しています

例えばあるユーザーは、メッセージに返信するためにYouTubeから離れ、元に戻ったときにアプリは既にリロードされていて、ついさっき見ていたビデオを失っていたと不満を述べています。これはSafariにも影響しているようで、タブをバックグラウンドで開いたままにしておくことができず、タブに戻るたびに強制的にリロードされます。

Appleがこの問題をいつ修正する予定なのかは不明ですが、使い勝手が悪くなるこの問題、早々解決してもらいたいものですね。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら