PayPal、Facebookの仮想通貨Libraのサポートを廃止

Facebookの暗号通貨であるLibraはまだリリースされていませんが、同社はすでにいくつもの問題に直面しています。問題が山積みの中、初期にはLibraをサポートするとしていたPayPalがサポートを取りやめることを明らかにしました。

PayPalはLibraのサポートをやめる理由について公式にはコメントしていませんが、同社はVergeに対し「われわれはLibraの抱負に協力的であり続け、将来的には協業する方策を探し続ける。FacebookはPayPalにとって長年の、そして価値のある戦略的パートナーであり、Facebookのさまざまな立場をサポートしていく」としています。

このようにLibraが難しい状況にあるのは、この暗号通貨が規制当局や政府から難色を示されており、というのも、違法行為の助長などに使われる恐れがあるなど、潜在的に発生しうる無数の問題に関わるからです。

これらの懸念に続く形で、Financial Timesからの最近のレポートは、PayPalがプロジェクトから距離を置き始め、最終的には完全に離れる気であるだと示唆しています。

Facebookは投資家らに、監視の目が厳しくなれば、Libraが軌道に乗らない可能性もあると警告している。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら