MCU3作品のDisney+配信が発表、映画とリンクすることが確実に

Disney+では多くのマーベル・ショーが公開される予定で、そのうちのいくつかはSan Diego Comic-Conで発表されました。しかし、DisneyのD23イベントで同社は、プラットフォーム上でローンチするMarvelの番組をさらに確認しています。先日の発表は、氷山の一角にすぎなかったのかもしれません。

発表の中で、少なくとも3つの新しいマーベル・ショーがあることが明らかになりました。これには、「ミスマーベル」や「シー ハルク」「ムーン・ナイト」が含まれます。

現時点では、これらの番組についてはあまり知られておらず、いつ公開されるのか、誰がキャスティングされたのかも不明だが、Marvel Studiosの責任者であるKevin Feige氏によると、これらはすべてMarvel Cinematic Universeと統合される予定であり、今後何らかのタイアップがあるとのこと。

これらはすべてMCUのPhase4の一部であることが期待されており、前述したように、これらのショーは、The Falcon and The Winter Soldier、WandaVision、Lokiなど。もしあなたがMarvelのファンなら、これらの番組は、特に必ずしもメインストリームとは見なされていないキャラクターを特集しているので、間違いなく注目しておく価値があることでしょう。

「X-Men」 や 「Fantastic Four」 に関する発表はまだないが、今後動きがあることでしょう。日本のディズニーデラックスでも配信されることを期待したいところです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら