改造Lightningケーブルでハッキング被害を受ける事案発生

Appleの公式アクセサリーは高価で、それゆえにユーザーは安価なサードパーティ製品を求めてしまいがち。しかし、セキュリティや互換性の観点からみると、非公式な製品を使うべきではない理由が浮き彫りになります。

Motherboardによれば、一部のケーブルを用いることでパソコンを遠隔操作できる事案が発生したということです。この脆弱性は、フェイクのLightningケーブルをパソコンに差すだけで遠隔操作が可能になるというものです。

このLightningケーブルは厄介なことにApple純正ケーブルから作られており、これに部品を搭載したものだということです。

このような攻撃から身を守る方法があるのか定かではありませんが、本物と思われる製品でさえもこのような悪用が可能だということです。また、本物であろうとなかろうと、技術的には同じことができてしまうと考えると、回避策は肌身離さず持っている純正ケーブルを使うくらいしかなさそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら