消えたはずの「Touch ID」が2021年に復活するかもしれない

AppleがiPhoneからTouch IDを廃止した際、Face IDが未来の道だったと多くのユーザーが予想しました。しかし最近、AppleがTouch IDをまだ諦めていないという噂が出てきました。アップル系アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2021年にTouch IDが復活するかもしれないとする新しいレポートを公開しました。

そのレポートによると、Appleが2021年モデルのiPhoneにTouch IDを復活させる可能性が十分にあると主張しています。ただし、Touch IDはFace IDに代わるものではなく、両方のセキュリティシステムを使用すると見られており、ユーザーはiPhoneのロック解除に自分の顔を使うか、指紋を使うかを選択できるとしています。

Touch IDも新しいシステムになり、画面内蔵型の指紋センサーを搭載することになるとしています。すでに、Androidスマートフォンなど他の企業では成功している部分であり、Appleが自社のソリューションを競合他社とどのように差別化するのか興味深いところです。

なお、これまでにも2020年にTouch IDが復活すると予測している人もおり、復活に関して耳にしたのは今回が初めてではありません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら