アップルで最薄・最軽量のMacBook 12インチがひっそりと姿を消す

アップルが12インチのMacBookを発表したのは約4年前のことです。同社のラインナップの中で最もスリムなノートでした。しかし、2年以上アップデートされておらず、MacBook 12を廃盤にする可能性があることは明らかでした。そのため、アップルがMacBook 12インチの販売を中止したことは驚くに値しません。

12インチのMacBookは、もはやアップルのウェブサイトや小売店で購入することはできません。価格は1299ドルで、エントリークラスのMacBook Proのすぐ下に位置していました。

アップルは、Retinaディスプレイを搭載した新しいMacBook Airで、MacBookの代替モデルにしようとしています。12インチモデルほど薄くて軽いとは言えませんが、MacBookを上回る性能を発揮することができます。

Appleが販売を中止したノートブックはこれだけではありません。Retinaディスプレイが搭載されていない旧型MacBook Airも製造中止となりました。消費者はもう購入することはできませんが、Appleは教育チャンネルや再販業者を通じて今後も提供していくようです。ちなみに、1099ドルで買える新型MacBook Airは、明確に12インチMacBookの後継機です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら