2020年のiPhoneはOLED&5Gへ完全移行?

現在のAppleのラインアップはiPhone XS, XS Max, XRですが、前の2機種がOLEDディスプレイであるのに対し、XRは液晶ディスプレイと採用技術が分かれています。しかしアナリストのSamik Chatterjee氏によれば、2020年のiPhoneではOLEDへ完全に移行するだろうということです。

同氏は、2020年のiPhoneは3モデルともハイエンドでOLEDと5Gを採用すると予想しています。3モデルのディスプレイサイズは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチになるとみています。

一方で、同氏は液晶ディスプレイを採用した廉価バージョンの生産も続けるものとみています。また、フロントカメラはToFセンサーを搭載し、ARの体験向上などにつながると考えられるということです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら