アップルがサムスンに約742億円の罰金支払い?iPhone出荷減でOLEDパネルが余る

iPhone Xを発表した際、アップルは少なくともこのモデルから液晶パネルに代わってOLED(有機EL)に移行しました。アップルのOLED主要サプライヤーはサムスンです。両者は、iPhone用のOLEDパネルをサムスンから大量に購入することに合意していました。

しかし、最新のiPhone XSとXS Maxは、アップルが想定したよりも売れず、OLEDパネルはそこまで必要ではなくなりました。ロイターの記事によると、アップルは、OLEDの出荷目標を見誤ったことから、サムスンに対して約742億円(6億8300万ドル)の罰金を支払ったようです。

これまでの報告によると、アップルはサムスンから調達するOLEDパネルの別の使いみちとして、将来のMacBookシリーズなどに応用できないかを検討しているとされていました。これは、想定よりも出荷数が少なくなったiPhoneに代わり、MacBookの液晶パネルをOLEDにスイッチすることでサムスンが供給するOLEDパネルの数を穴埋めするものです。

しかし、OLED MacBookシリーズの発表については音沙汰がありません。サムスンは供給の遅延を望んでいませんが、一部のユーザーでは、MacBookにすぐには採用されないと指摘しています。詳細についてはもう少し待つ必要がありそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら