Apple Watchのバンド部分にカメラを搭載? Appleが特許を出願

Apple Watchにカメラが搭載されたことは一度もありません。しかし最近発見された特許では、Appleが手首から写真を撮ることを可能にする検討をしていることを示唆しています。それが、Apple Watchのバンドの中にカメラを搭載する、というアイデアです。

この特許は、ユーザが手首をひねることなく写真を撮れるように、CMOSセンサーが時計バンドの端に配置されていることがわかります。そのため、手首を引き上げるだけで目の前にあるものを簡単に写真撮影できるほか、自撮りも手首を返すだけで簡単にできるでしょう。この特許はまた、表裏両側に2つのカメラを搭載する想定で出願されており、バンドのどちら側でも写真を撮ることが可能です。

スマートウォッチでカメラ撮影がしたい、というアイデア自体は、すでにSamsungがGalaxy Gearシリーズで達成しています。また、Appleが実際にカメラを搭載するかどうかは、特許を出願するだけではわかりません。ですが、スマートウォッチに、Apple Watchにカメラが搭載されていれば、また新たな可能性が開けるのも事実。ちょっと期待してしまうニュースですね。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら