iPadのマウス機能実装は数年後しの開発だった──Apple認める

WWDC2019でAppleが発表したiPadOSでUSBマウスが使えるようになる、というのは既報の通り。Apple自身もこれを認め、そして開発に数年間かかっていたことを明かしました。

以前からマウスサポートの開発には取り組んでおり、実を結んだタイミングが今回のiPadOSのタイミングだったということです。

ポインタデバイス以外のデバイスではアクセスできないような困難を抱えるユーザーでも利用できるよう、iPadは設計されています。Appleは何年もかけて導入してきたこれらのアクセシビリティ機能にとても自信を持っていますが、障害のないユーザーであってもこの機能実装は歓迎するでしょう。

肝心のiPadOSのリリース時期は、今年後半と考えられています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら