Apple Watchのみでアプリをダウンロード! 新しいwatchOS 6がいろいろと便利

Apple Watchのユーザーは、デバイス単体で使えるApp Storeを長年待ち望んでいました。これまでは、iPhoneを使わないとApple Watch向けのアプリをインストールすることはできませんでした。アプリのON/OFFですらスマートフォンを使う必要がありました。それがwatchOS 6で全てが変わります。同OSでは、App StoreがWatch上に搭載される予定です。

このApp Storeにより、ユーザーはサードパティアプリをSiriやなぞり書きで検索でき、Watch単体でインストールできるようになります。アプリのページもWatchのスクリーンに合わせて表示されます。これにより、開発者はiOS側のコンパニオンアプリを用意する必要はなく、Watch単体で動作するアプリを開発することができるようになります。

あわせて、いくつかのダイナミックなWatchフェイスもwatchOS 6に搭載されます。フェイスは、パーソナライズされた情報を伝えるためにカスタマイズすることができます。アップルのボイスメモアプリもApple Watchに登場したほか、Apple Booksで購入したオーディオブックを再生できるAudiobooksアプリも搭載されます。Watchの新しい電卓アプリでは、チップと会計を分けて計算することもできます。さらに、Siriによる検索では、Webページの結果をフルで表示できるようになりました。

アップルは、ヘルスケアとフィットネス機能も強化しました。Apple Watchには、さらなるアクティビティの情報を取得できるようになり、ノイズ環境からくる耳の健康状態もモニタリングできます。加えて、生理の周期を計測できるCycle Trackingも搭載されています。

アップルは、今週末にもwatchOS 6の開発者プレビューをリリースする予定です。こうした新しい機能は、Apple Watch Series 1かそれよりも新しいバージョンに対応し、iOS 13が動作するiPhone 6s以降のiOSデバイスが必要になります。提供時期は今年の秋ごろとしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら