iPhone 6、最新iOSのサポート対象外に – iPhone SEは生き残る

もしAppleが正しい行いをしていると思うものがあれば、それは彼らのソフトウェアアップデートサポートの長さです。これは、サポート対象のライフサイクルがブランドごとに異なる可能性があるAndroidとは異なり、会社が可能な限り長期にわたってそのデバイスをサポートしてくれます。

iOS 13の発表で、iPhoneがアップデートと互換性があるかどうか疑問に思う人もいるでしょう。Appleによると、あなたがiPhone SEかそれ以降を持っている限り、そのアップデートが年内にリリースされたとき、おそらく2019年のiPhoneと並んでiOS 13にアップデートできるはずです

これには、iPhone SE、iPhone 6S、6S Plus、iPhone 7、7 Plus、iPhone 8、8 Plus、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、およびXS Maxが含まれます。そしてそのリストから漏れるとされていたiPhone 6 / 6 Plusが実際にリストから漏れたことで、その噂の正確さが改めて実証されたようにも思います。

一部で指摘されていたように、サポートするデバイスのリストは以前のiOSアップデートに比べて狭くなっているものの、iPhone 6s / 6s Plusという古いデバイスがサポートされている分、まだまだAppleのサポートサイクルの長さは評価されてもいいでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら