アップルが6Kモニター「Pro Display XDR」発表!価格は驚愕の4999ドル

アップルがThunderbolt3ディスプレイの製造をやめたことについて、多くの人は少し無駄だと思っていたでしょう。このディスプレイは色再現性で優れていただけでなく、デザインの点でもアップルの美学に完璧にマッチしていたからです。今回の明るいニュースは、Appleがディスプレイ事業に復帰したことです。

WWDC2019で同社は、最新ディスプレイ「Pro Display XDR」を披露しました。以前、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、アップルが新型ディスプレイを開発中であることを予測しており、今回その予測が当たったことになります。

Pro Display XDRは32インチで、6Kを実現しています。ここまでの高解像度を必要とする人はそれほど多くないでしょうが、名前の通りそのスペックが長所になっています。

アップルによると、「Pro Display XDRは、大型LEDアレイによる直下型バックライト方式を採用し、画面の明るさは1000ニト、ピーク時は1600ニトと一般的なディスプレイを大幅に上回る」ほか、「格子状のアルミニウムをヒートシンクにしたサーマルシステムにより、これまで同価格帯のディスプレイでは実現できなかった1000ニトの輝度を無限に維持できる」としています。

残念ながら、Pro Displayはその名の通り「プロ」価格となり、4999ドルという驚愕のプライスタグになっています。スタンド「Pro Stand」は999ドルで別売され、高さと傾きを自由に調整できます。Pro Display XDRは、新型Mac Proと同様2019年秋のリリースが予定されています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら