iOS 13の新機能「ダークモード」のスクショがリーク、WWDCで発表予定?

AppleがiOS 13でシステム全体のダークモードを導入することは何度も報告されてきました。来週行われるAppleのWorldWide Developers Conference 2019(WWDC 2019)が開催されるまでの間に、iOS 13のスクリーンショットがいくつかリークされ、次回のiOSの主要版ではダークモードが実現することが確認されました。

9to5Macは、iOS 13でダークモードが実行されていることを示すこれらのスクリーンショットを入手しました。これは設定センターからもコントロールセンターのオプションからもアクセスできるのでユーザーは素早く切り替えることができます。

モードが有効になると、暗い背景になります。ただし、ダークモードが有効になっていると、より合理的なダークモードの表示をするために最適な壁紙が適用される可能性があります。

このモードが有効になっていると、Musicのようなアプリは真っ黒な背景になり、OLEDディスプレイを搭載したiPhoneでは特に見栄えがよくなります。このようなテーマを適用した場合、点灯する必要があるピクセルが少なくなるため、最大の目的である「バッテリーライフ」を伸ばすことがわずかではありますが可能になります。

Appleが来週の月曜日(現地時間)に開催するWWDC 2019で、これを発表するものとみられます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら