全世界で売れてるスマートウォッチの3台に1台は「Apple Watch」

サードパーティーのレポートによると、Apple Watchはかなり売れているようです。しかし、Appleがまだ公式に数字を発表していないので、当面はサードパーティーのデータに頼らざるを得ないでしょう。

Counterpoint Researchの調査によると、Apple Watchはスマートウォッチシェアの35.8%を占めると言われています。これは事実上、販売されるスマートウォッチの3台に1台がApple Watchであることを意味しています。おそらく最も近いのはサムスンでしょうが、それでも11.1%とApple Watchに水をあけられています。

3位に入ったのはimooという会社ですが、聞き覚えのない人もいるでしょう。4位はFitbitで、スマートウォッチ市場の5.5%を占めており、Apple Watchに大きく遅れをとっています。しかし、公平を期すために言っておくと、Fitbitはフィットネストラッカーとして知られており、自分のワークアウトだけを追跡したいユーザーにとっては、はるかに手頃な価格で購入できます。

一部のアナリストによると、Apple Watchは非常に長い間、少なくとも2022年までは支配的な存在になるだろうとしています。彼らは、GoogleのWear OSのような他のプラットフォームが、いずれApple Watchに追いつけるような改善を見せる可能性があると考えています。それが本当に実現するかはまだわかりませんが。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら