PhotoshopとLightroomがオトクに使える「フォトプラン」、値上げをテスト中?

Adobeのソフトウェア群は、ほぼ完全にサブスクリプションプランに移行しており、利用するには月額費用を支払う必要があります。今では、最も安い月額10ドルの「フォトプラン」など、ニーズに応じていくつかのプランがあります。

年額にすると120ドル程度ですが、LightroomとPhotoshopを頻繁に使うカメラマンにとっては価値があるでしょう。しかし、残念ながら最終的には20ドルに値上げするかもしれません。これはPetaPixelが最初に発見したもので、10ドルのプランは削除され、20ドルのプランが残されるだけというものです。

奇妙なのは、すべてのユーザーに反映されるわけではないようで、10ドルのプランで購入できる人もいるようです。Adobeによると、同社はユーザーごとに異なるプランを提供する「テスト」といいます。そのため、最終的には元に戻る可能性があります。

幸いなことに、Adobeは10ドルのプランは削除されていないと主張していますが、Webサイトには表示されませんでした(編集注:現時点では、Webサイトにクラウドストレージが20GBのプランが9.99ドル、ストレージが1TBのプランが19.99ドルと2パターン表示されるように戻っています)。これは、同社が計画を段階的に廃止しようとしたり、月額20ドルのプランを購入するように目立たなくしたりする可能性があることを示しているのかもしれません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら