Apple、2020年の5G対応iPhoneに暗雲?自作5Gモデムを作るしかないかも。

MWCでは、さまざまなAndroidスマートフォンが5Gをサポートすると発表されていました。しかし、5Gに対するAppleの姿勢はまだ不明瞭です。以前のレポートでは、Appleは5G対応iPhoneを2020年にしか発売できないとされてきましたが、CowenのアナリストであるMatthew Ramsay氏が、Bloombergのレポート上で、より詳細に5GiPhoneの選択肢について言及しています

Ramsay氏によると、Appleが現在5Gに関して4つの選択肢を検討しているようです。最も「合理的な」オプションは、Appleが5Gモデムベンダーに依存するのではなく、Apple自身がモデムベンダーとなることです。このような噂は今に始まったことではありませんが、2020年にAppleが5G iPhoneを発売する、という目的のためだけで考えれば高価過ぎる試みとなりそうです。

Ramsay氏は、5G通信にとって重要なミリ波通信が利用できない、現在採用しているベンダーであるIntelの後発5Gモデムを現状は採用するしかないのでは、とも語っています。もちろん別の選択肢も。もう1つは、厳しい取引条件を突きつけられる可能性が高いSamsungの5Gモデムを採用すること。MediaTek製モデムについてもその範疇となりえますが、Ramsay氏は、現時点での開発スケジュール的に、MediaTekは遅れている、としています。

最後に、もっともスマートな解決策かもしれない「AppleがQualcommと係争中の法的闘争を解決し、5Gモデムを採用する」という可能性。Qualcommは、Androidスマートフォンに対して5Gモデムを供給した結果、MWCにおいて5Gスマホがいくつも発表されわけですが、果たしてAppleはどういう選択をするのでしょうか。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら