スマートフォン、ついにストレージ1TB時代に突入

私たちのスマートフォンのストレージは何年にもわたって増加してきました。当初は、64GBなど、使い切ることが難しいほどに大きい容量でしたが、近年は64GBがスタンダードな容量となりつつあります。もし噂が本当であれば、Samsungは1TBのストレージをGalaxy S10に搭載するようです。

噂、の前に、Samsungは1TBのEmbedded Universal Flash Storageを開発したと発表しました。同社によると業界で初めてワンチップで1TBのフラッシュストレージとのことで、1TBスマートフォンが登場するまで時間の問題となりつつあります。Samsung ElectronicsのMemory Sales&MarketingのエグゼクティブバイスプレジデントであるCheol Choi氏は、「1TB eUFSは、よりノート型のユーザーエクスペリエンスを次世代のモバイルデバイスに提供するうえで重要な役割を果たすことを期待しています」と語っています。

難しいのは、この発表タイミングが微妙なところで、今月発表予定のGalaxy S10に間に合うように開発されたとも思われますが、一方で1TBモデルの発売に見合うだけのチップ供給が追いつかない可能性があります。そのため、Galaxy S10 +などの一部モデルへの搭載に限定される可能性も十分にありそうです。もし、これらのモデルへの搭載が見送られた場合には、従来から大容量モデルを重視しているGalaxy Note 10への搭載が高そうです。例年通りであれば夏以降の発表ですけど、ね。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら