Facebookメッセンジャーに「送信取り消し」機能が追加

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOのみメッセージの送信取り消し機能が利用できる(一般ユーザーは当然利用できない)として話題になりましたが、同社は数ヶ月以内に全てのユーザーにこの機能を開放できるよう開発を進めると発表し、このほどFacebookメッセンジャーにこの機能が実装されました。

Facebookメッセンジャーのユーザーは、送信したメッセージをアプリ上から削除できるようになります。個人のスレッドはもちろん、グループスレッドでも可能です。削除するには、該当メッセージをタップし、「全員から削除」のオプションを選択することで完了です。メッセージが削除されると、他人からはその場所にあったメッセージが消えたということが分かるようになっています。

ただ、ザッカーバーグ氏のケースでは数ヶ月前のメッセージでも削除可能でしたが、ここまでの特権は全員に与えられないようです。一般ユーザーが削除できるのは、送信して10分以内のメッセージまで。10分経過後でも「あなたのスレッドから削除」というオプションは表示されますが、こちらを実行しても会話相手からは削除されません。

この機能は、iOSとAndroidの最新バージョンで利用できます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら