ニンテンドースイッチ、ニンテンドー64の生涯売上を上回る

史上最も売れ行きの良い任天堂のゲーム機はニンテンドーDSで、実に1億5400万台を数えます。ニンテンドー64の販売数は全世界で約3300万台であり、ニンテンドースイッチはその壁をすでに乗り越えてしまったようです。

任天堂の第3四半期決算によれば、第3四半期だけで941万台のニンテンドースイッチを販売し、累計で約3227万台まで積み上げました。厳密に言えばまだ売上台数は超えていないことになりますが、すでに第4四半期が始まって1ヶ月、まあすでに抜いていると言っていいでしょう。

ニンテンドー64は、確かに数多くのヒットを出している任天堂のゲーム機の中でもあまり売れ行きが良くなかったゲーム機です。しかしスイッチがそれを早くも超え、さらに成長している状況が対比として好調ぶりを強調するものとなっているように見えます。同社がさらに新たなソフトやアップデートによってスイッチの世界をさらに成長させられれば、約4900万台を売り上げたスーパーファミコンを超えるのも時間の問題のように思えます。

冒頭で触れたニンテンドーDSは遥か遠い目標ですが、スイッチの成長の力強さを見れば、最終的に売上で超える可能性はあると言っても過言ではないはずです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら