マイクロソフトの検索エンジン「Bing」が中国で再びアクセス可能に

以前、マイクロソフトの「Bing」が突然中国で使えなくなったことが報告されました。その要因として、中国政府が国内でのウェブサイトを検閲する方法の1つであるDNS情報の破損によるものだとされていました。しかし、これは単なる技術的な問題にすぎません。

ブルームバーグからの報告によると、Bingは中国で再びアクセス可能となり、実際にはウェブサイトの検閲ではなく技術的問題であったかもしれないということです。マイクロソフトが、中国のさまざまな規制や法律に準拠していることを考えると、Bingが突然検閲対象になることは不思議に思えます。

また、中国では多くのユーザーがBingの帰還を喜んでおり、Weiboへの投稿の多くが検索エンジンの復活を祝っています。マイクロソフトは中国国内で使用できる数少ないハイテク企業のうちの1つです。グーグルは以前中国から撤退していましたが、彼らは中国への復帰を計画していたという噂がありました(グーグルはその後この報道を否定しました)。

Facebook、YouTube、Twitterなど、他のWebサイトやサービスも中国国内で禁止されていますが、多くのユーザーがVPNサービスを介してこの問題を回避しているようです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら