Pixel関連とみられる新コードネーム「メダカ」と「サーモン」が登場か

グーグルは、昨年に「Bonito」と「Sargo」というコードネームを持った何らかの新デバイスを用意していることが報告されています。同社は、一般的にPixelスマートフォンには魚に関するコードネームを使用し、こうしたコードネームはPixel端末の可能性が高いとさ噂されています。さらにグーグルは、これ以外にもデバイスを手掛けていることが判明したようです。

Till Kottmann氏のレポート(Android Police経由)によると、Googleが取り組んでいるデバイスのコードネームとして「Salmon」と「Medaka」の名前を挙げています。先述の通り、GoogleのネームパターンからPixel関連製品であることをほのめかしています。念のために言っておくと、Medakaはメダカの日本名(英語ではricefish)です。

このコードネームがどのPixelデバイスに該当するかは不明ですが、少なくとも1つが噂のPixel Watchであると推測されています。このデバイスはかなり長い間噂されており、昨年発売されると推測されていましたが、いまだに発売されていません。

グーグルは今年の中ごろに自社イベントを開催するとみられ、イベントでは新製品が発表されることもあり、年末のPixelイベントを待たずとも詳細が発表される可能性があります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら