新型iPad miniには「Face ID」が搭載されないかも…

昨年発売された新型iPad Proには、iPhoneで先行していたFace ID技術が搭載されました。この傾向は今年も続くと思われますが、残念ながら新型iPadまたはiPad miniには適用されないかもしれません。これは、デベロッパーのSteve Troughton-Smith氏が、iOS 12.2ベータ版でのiPadのリファレンスで発見したものです。

ベータ版iOSでのリファレンスには、セルラーとWi-Fiの両モデルを含む多くのiPadがありますが、Face IDについては触れられていなかったといいます。これは、iPadとiPad miniが引き続きセキュリティにTouch IDを使用することを意味します。しかし、両タブレットともにコストが優先のモデルであるため、驚くことではありません。

コストパフォーマンスの高い現行iPadは2018年の初め頃に発売され、前世代のハードウェアが使用されていました。しかし、これは値段の高いiPad Proを学生やアーティストが買うことなくApple Pencilが利用できるデバイスとして重宝されていました。

iPad miniも、小規模なアップデートにとどまり、抜本的に変わることはないと見られています。おそらく、手頃なiPadのもう一つの選択肢として、より小型なモデルに位置づけられるでしょう。Apple Pencilをサポートするかも気になる点です。Appleは年内にも新型タブレットを発表する可能性があり、今後数カ月のうちでの発表を期待したいところです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら