Apple「AirPods 2」はヘルストラッキング機能付きで2019年上半期に登場

当初、「うどん」とも評されたそのデザイン性はさておき、iOSデバイスへのAirPodのペアリングの容易さや、Bluetoothの接続安定性の高さから高い評価を受けているAppleの「AirPods」。発売からしばらく経ち、後継機種への期待が高まっていますが、DigiTimesによればAirPods 2は期待してもよさそうです。

この記事によれば、Appleは今年上半期にAirPods 2を発売する予定で、AirPod 2にはヘルストラッキング機能が搭載されるそうです。ヘルストラッキング、モニタリングとも記事では触れていますが、具体的にどのような機能になるのかについては触れられていません。同社は、そうしたデータを複数受けていることから、ある程度の確度の情報、ともいえましょう。ただ、私たちもAirPods 2に関する計画については、いくつか情報を仕入れていますが、実際にリリースされるかどうかはまだわかりません。

また、計画の中には、より高度になった防水性能やバッテリー寿命などもありますし、ノイズキャンセリング機能についても実装される可能性があるようです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら