次のiPhoneは持ち上げた時にカメラが自動起動するようになる?

多くのスマートフォンが備えているように、iPhoneもロック画面からカメラをすぐ起動できるようになっています。しかし、この機能は一度ディスプレイをオンにしないと使えません。これは大きな問題というわけではありませんが、いざというときにこの「遅れ」によって大事なシャッターチャンスを逃してしまうかもしれません。

というのは言い過ぎかもしれませんが、起動が早いに越したことはないですよね? そんな問題の解決案が、Appleの特許から最近見つかりました。この特許には、ユーザーが写真や動画を撮りたいと思ってiPhoneを持ち上げた時にどうやってカメラを起動するかということが書かれています。

特許には、「カメラアプリを自動起動する装置と方法は、写真や動画を撮る意図の検出に基づく」と書いてあります。写真は横向きで撮られることもあれば縦向きで撮られることもあるため、どんなポジションが写真を撮ろうとしているときのそれなのかはよく分かりません。

しかし、この特許にはフレーム内の物体を検出できる、スマホの背面センサーの潜在的な利用についても書いています。

ここまでの話をまとめると、特に写真を撮りたくないときでも勝手にカメラが起動しめんどうだと思うことにこれから時々遭遇することになるのかもしれません。しかし、あくまでこれは特許。将来のiPhoneやiOSにこの機能が搭載される保証はないというのが良いニュースだといえるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら