ブラウザーでお絵描きできる「Chrome Canvas」が登場

もしPCで簡単なお絵描きをしたいなら、それを叶えるアプリが沢山あります。しかも、WindowsであればデフォルトでMicrosoft Paintも内蔵されています。一方、グーグルはウェブブラウザ上でクラウドを使ってお絵描きできたほうがより便利になるかもしれないと考えているようです。

そこでグーグルは、「Chrome Canvas」を発表しました。これは、ユーザーが自分のウェブブラウザ内で落書きできるようにするウェブベースのアプリです。Chromeという名前がついているのにもかかわらず、WebAssemblyをサポートしているのであれば、Chrome以外のブラウザーでも使えるようです。

Chrome Canvasの機能面はかなり優れています。鉛筆、ペン、マーカー、チョーク、消しゴムなど、さまざまなツールを選択できます。描いた絵はGoogleアカウントに保存でき、アカウントを複数のPCで共有しているのであれば、キャンバスで描いた絵をクラウドに保存し、自宅のPCと簡単に同期できるのです。もし、詳細が気になるようであればChrome Canvasのウェブサイトにアクセスしてみるといいでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら