不明なexeを安全に実行できるWindows Sandboxが登場

Windows PCで信頼できないexeファイルを実行するのは災いの元です。一部のユーザーはそうした不明ソースのアプリを検証するために仮想マシンを構築したりもしていますが、このほどMicrosoftはPCをリスクに晒すことなく、より簡単にアプリを検証できる環境を提供すると発表しました。新しいWindows 10の機能の名前はWindows Sandboxで、安全にexeファイルを実行できるサンドボックス環境です。

Windows Sandboxは一時的に独立したWindowsのデスクトップ環境で、実際のPCにウイルスやマルウェアをインストールしてしまう心配なくアプリのテストが可能になるというものです。Sandboxにインストールしたアプリはサンドボックス内には残りますが、PC自体へは影響を及ぼしません。

一度Sandboxを閉じると、サンドボックス内に保存されていた状態のファイルや各種環境は全て永久に削除されます。逆にいえば、起動直後のSandboxはインストール直後のWindowsと同じということです。

大変良い新機能ですが、これが提供されるのはWindows 10 EnterpriseとWindows 10 Proにとどまるとしています。つまり、平均的なHomeユーザーの利用は想定していないということでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら