Twitterの投稿からマルウェアが活動を始める?

FacebookやInstagram、Twitterといったプラットフォームは写真やミームを共有するのに優れています。しかし、トレンドマイクロのセキュリティ研究者によれば、Twitterで見かけてあなたが笑っているようなミーム画像は笑えるものではないかもしれないと警告しています。ハッカーが、あなたが知らないうちに仕掛けたマルウェアの起動をミーム画像を通して行うかもしれないというのです。

あるハッカーが、新しいマルウェアを作ったようです。新しいとはいっても、やることはスクリーンショットを撮ったり、データを盗んだり、それらをハッカーに送ったりと、特に変哲もなく有害なもの。ただ1点新しいのは、マルウェアの起動コードがTwitter上のミーム画像に埋め込まれているということです。

これは、Twitterで画像を見ているときに、その画像がマルウェアをアクティベートし、コマンドを送り、逆に画像がないときには休眠状態となり、検出されないということです。

現在のところ、この種のマルウェアについて多くは知られていません。初めに誰が作ったのか、どのように感染するのか、何に使われるのか、など。しかし、SNSがマルウェア攻撃の起動因子となるのは興味深い事象といえます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら