サムスンがエントリークラスの新スマホ「Galaxy M」を計画している?

サムスンは、「Galaxy M」というスマートフォンの新シリーズを開発していると言われています。同社は、Galaxy S、Galaxy Note、Galaxy A、Galaxy Mの4シリーズにラインナップを整理するようです。一部の報道によれば、Galaxy Mはローエンドとミッドレンジのデバイスを統合するとのことです。

レポートでは、サムスンがGalaxy Mのもと、Galaxy J、Galaxy On、Galaxy Cのラインナップを統合するとしています。このシリーズでは、ローエンドとミッドレンジの両方のデバイスを供給し、一部はAMOLEDディスプレイを搭載するようです。

Galaxy M20とM30は、この新シリーズ最初のモデルとされており、前者は32/64GB、後者は64/128GBのストレージを搭載しているようです。2台のスマホは、このセグメントで必要な機能としてデュアルSIMをサポートするものの、一部の国では、シングルSIMモデルもラインナップされる可能性があるとのことです。

サムスンは、この市場でファーウェイやシャオミと競争することは明らかで、Galaxy Mは競争性のある価格設定になるでしょう。しかし、サムスンの新しいデバイスは棚に並んでおらず、まだ見ることはできません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら