Microsoft、Windows 10 Updateのファイル削除バグを修正

Windowsユーザーから「アップデート後に一部のファイルが削除される」という報告を受けて、MicrosoftはWindows 10のアップデート配信をとりやめていました。しかしWindows公式ブログによればMSはこのバグを修正し、インサイダー向けに配信を開始したとのことです。

MSは、「わたしたちはデータロスに関する全てのレポートを調査し、このアップデートに含まれていた分かる限りのバグを全て修正し、内部検証を行いました」とし、加えて「Windows 10 October 2018 Updateを、Windowsインサイダーコミュニティ向けに再配信を始めます。わたしたちはより多くのユーザーへ再配信する前に、インサイダーの皆様から送られてきた結果やフィードバック、診断データを念入りに調査します」としました。

つまり、インサイダー向けへの再配信は始まったものの、それより広い範囲にはまだ再配信は始めていないということでもあります。しかし、インサイダーへ配信を始めてからいまのところ何も問題は上がってきていないので、一般向けへの再配信もそう遠くはないでしょう。

それまでの間、MSはアップデートによりファイルが消えてしまったユーザーに連絡を送ってくるように働きかけています。同社は削除してしまったファイルをリカバリーするのに必要なツールを持っていると述べています。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら